カリグラフィの誕生日カード

カリグラフィに慣れてくると、自分が書きたいイメージばかりが先行してしまいますが、誕生日に贈る相手なら、明確でイメージが違ってきます。
性別、年齢、年上か年下なのか、どのくらい親しいかなど、その人に合わせたカリグラフィの誕生日カードを作ります。
誕生日カードを贈る相手はとても大切で、カリグラフィで誕生日カードを作る時は、贈る相手がどんな人かを強くイメージしましょう。
子供にカリグラフィの誕生日カードを渡す時は、パステル調のお花がたくさん書いてあるカードがおすすめです。
面積いっぱいにカリグラフィの文字を書きたくても、細い幅のペン先しかないと不可能です。

カリグラフィの誕生日カードは、贈る相手のイメージを明確にしないと、違和感が残ってしまいます。
誕生日は季節がわかっているので、カリグラフィの誕生日カードは、必然的に作品のイメージが絞られてきます。
これは、カリグラフィの誕生日カードを作るにあたっての漠然と浮かんだデザインイメージを実現できるかどうかの見極めの1つです。
書きたい紙が決まっている場合には、当然ですが、カリグラフィの誕生日カードに書ける面積が限られます。
また、その人がどんな好みを持っているのかを頭に浮かべながら、カリグラフィの誕生日カードを模索します。
そうした時に便利なのが方眼紙で、カリグラフィのデザインや使用面積を計る際、役立ちます。
そして、ペンと紙が決まれば、次にカリグラフィの誕生日カードで、どのようなデザインが可能かを模索します。
また、カリグラフィの技法によっては、誕生日カードを作る際、実際使う色で試し書きしておく必要があります。

カリグラフィの誕生日カードを作る時は、紙を変えるか、デザインを変更するか、紙のサイズに合うペンを購入しなければなりません
posted by りょうafsys | Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。