カリグラフィを活かす仕事

カリグラフィと一口にいっても、何種類もあり、教室で学ぶ場合、ゴシックを1年かけて習得するケースもあります。
1年の終盤くらいにカリグラフィのゴシックのデザイン物を仕上げてようやく終了と言うケースはよくあります。
実際、カリグラフィで仕事がしたいと思う人は少なくないのですが、全ての技術を習得するのには7〜8年はかかります。
助手の間は、給料は無いに等しいので、カリグラフィの仕事で稼ぐというのは、非常に厳しいものがあります。
仕事として職にするのではなく、カリグラフィは、就いた職に活かす方向で考えるのがベストでしょう。

カリグラフィを小学生の頃から始めている人でも、大学生になる頃にようやく全て終了するという感じです。
また、カリグラフィの講師になるには、スタートから少なくとも10年くらいはかかると言われています。
書道での仕事で生計をたてるのも難しい中、カリグラフィは日本語でないので、なおさら仕事の需要は低いです。
特に今はパソコンでいろいろ印刷できる時代なので、カリグラフィの仕事は、ほとんどありません。
カリグラフィが好きで、あまり知られていなかった頃から勉強していた人でも、仕事として身を立てるのは難しいようです。
その時に、カリグラフィの仕事について、自分が通っている教室の先生に聞いてみるといいでしょう。
自分のキャリアや実績を構築するのにカリグラフィは非常に有効なので、将来の仕事に備えて楽しみましょう。

カリグラフィは、仕事として役立てるのではなく、行事などでちょっとした冊子やカードを作る時に活かすとよいでしょう。
どうしてもカリグラフィを逝かせる仕事につきたいのなら、デザイナーになるといいでしょう
posted by りょうafsys | Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。